住宅ローン減税の代行について

住宅ローンを利用して住宅の購入や新築、リフォームを行った場合、住宅ローン減税という制度を利用することができます。
この住宅ローン減税を申告すれば年末時点でのローン残高の1%を翌年の所得税から控除することができるというものです。
この住宅ローン減税は住宅ローンを利用して住宅を購入したからといって自動的に適用されたりするものではありません。
サラリーマンの方などの場合でも確定申告で申請をしなければいけません。
しかし、普段確定申告などしない方にとっては手続きが面倒だということもあるでしょう。
そういった場合には代行サービスに依頼するという方法もありますね。
こういった住宅ローン減税については税理士事務所や会計事務所などで確定申告の代行をやっているところがあります。
手続きが面倒、あるいはどうしていいのかわからないということであれば代行に依頼するのも良いでしょう。
しかし、当然こういった代行サービスは有料ですので、それなりに報酬を支払わなければいけません。
ですから、代行のための費用が惜しいということであれば自身で調べて確定申告をした方がお得でしょう。
サラリーマンの方の場合なら初年度に申告すれば後は年末調整で行われるので一度してしまえばそれで完了です。

カテゴリー: 住宅ローン減税 | タグ: , , , , | コメントは受け付けていません。

住宅ローン減税の手続きを忘れたら

住宅を購入した際に住宅ローンを借り入れしている方は多いかと思います。
そしてその中には住宅ローン減税を受けているという方も多いのではないでしょうか。
この住宅ローン減税はローン残高の1%を所得税から控除できるというものであり、結構な金額になりますから非常にありがたい制度ですよね。
しかし、この住宅ローン減税、住宅ローンを利用して住宅の購入をすれば勝手に適用されるというものではありません。
控除されるためには確定申告で還付請求をしなければいけません。
しかし中には居住を始めた翌年の確定申告での手続きを忘れたという方もいるかもしれません。
もし手続きをうっかり忘れた場合にはどうなってしまうのでしょうか?
これについてはサラリーマンの方の場合、請求権は5年間有効となっていますので、もしうっかり手続きを忘れたという場合でも、
5年以内に還付請求をすれば無事控除を受けることができるということになります。
逆に言えば5年以上が経過してしまうと請求権はなくなってしまうため一切控除は受けられなくなってしまうということですね。
また、サラリーマンではなく自営業者の方の場合だとこれは5年ではなく1年になりますので注意が必要です。

カテゴリー: 住宅ローン減税 | タグ: , , , , | コメントは受け付けていません。

雑所得にも住宅ローン減税は適用されるか

住宅ローンを利用して住宅を購入し、住宅ローン減税を受けているという方も多いかと思います。
住宅ローン減税というのはその年のろーん残高の1%が所得税から控除されるという減税制度なわけですが、
所得税から控除されるということで、雑所得がある方はそこからも控除可能なのか?というのは気になるところですよね。
サラリーマンとして働いていてその所得があるという方でも他に、なんらかの形で雑所得を得たというケースもあるかと思います。
例えばFXや株式取引などをやって得た利益というのは雑所得にあたりますよね。
これらの所得から発生する所得税からも住宅ローン減税で控除が可能なのか?ということです。
結論から言えばこういった雑所得であっても控除の対象となります。
住宅ローン減税の控除というのは源泉徴収として事前に所得税を支払った分を還付するという形になるわけですから、
株やFXなどで所得税を払っている場合には対象となるというわけです。
注意しなくてはいけないのは、会社の給料からの場合は初年度以外は年末調整で自動的に控除をしてくれるのですが、
雑所得については年末調整の対象とはならないため、これについては自分で確定申告をしなければいけません。

カテゴリー: 住宅ローン減税 | タグ: , , , , | コメントは受け付けていません。

住宅ローン減税は何年間?

住宅ローンで借り入れをして憧れのマイホームを購入する予定という方も多いのではないでしょうか。
住宅ローンを契約すれば、住宅ローン減税という減税制度を利用することができます。
住宅ローン減税はローン残高の1%を所得税から控除することができるという減税制度となっています。
この住宅ローン減税は住宅ローンを利用して取得した住宅に入居した年から適用することができるのですが、
何年間適用できるのか、というのも気になるところですよね。
住宅ローン減税は1年だけでなく、入居した年から10年間控除することが可能となります。
しかし実際に何年間分控除されるかというのはローン残高次第になります。
10年間控除されるわけですが、その10年の間にローンを完済したという場合、
当然これはローン残高がゼロということになるわけですから、控除も無くなるということです。
一般的にはそんなに早く完済するということもないかと思いますが、まとまったお金が手に入って早期に完済できそうという場合、
何年間分かの控除の金額と、その間に支払うことになる利息を天秤にかけてみた方が良いかもしれませんね。
また、1%の控除はあくまでも限度額であり実際には異なる場合もあるので注意です。

カテゴリー: 住宅ローン減税 | タグ: , , , , | コメントは受け付けていません。

住宅ローン減税と医療費控除は同時に申告した方が良い?

これから住宅ローンを利用してマイホームを購入するので、住宅ローン減税を利用して所得税の控除を受けようという方も多いかと思います。
平成26年には税制改正によってこの住宅ローン減税の限度額がアップするので、そのタイミングでと巻がている人もいらっしゃるでしょう。
しかしこの減税制度、他の制度と同時に利用することはできるのでしょうか。
こういった減税制度の中には同時に申請することはできずどちらか一方だけということもありますよね。
例えば医療費控除と住宅ローン減税は同時に申請できるのか?というのも気になるところではないでしょうか。
どちらも非常にありがたい減税の制度ですから、できれば併用したいですよね。
基本的に医療費控除と同時に申請することは可能ですが、節税の効果があるかどうかはケースバイケースとなっています。
住宅ローン減税は所得税のみからしか還付できない場合と、所得税と住民税の両方から還付できるケースとがあります。
これは居住開始年によって変わってくるのですが、所得税のみからしか還付されないという場合であれば、住民税の節税はできないということになります。
医療費控除は住民税からの控除が可能となるため、この場合申告した方が良いということになります。

京都の消費者金融、ケンファイナンスについて?294 views

カテゴリー: 住宅ローン減税 | タグ: , , , , | コメントは受け付けていません。