空き家だと住宅ローン減税は適用されない

新しい住宅の購入やリフォームをした際にその資金を住宅ローンで、という方は多いかと思います。
今住宅ローンを組めば住宅ローン減税という制度で減税を受けることができるようになっています。
ただし、住宅ローンを利用していれば無条件でこの住宅ローン減税が適用されるかというとそういうわけではありません。
住宅ローン減税を適用されるにはいくつかの条件があるのです。
例えば取得する住宅が主な居住用であるというような条件もあります。
つまり、普段居住していないような建物だと住宅ローンを利用していても減税の対象となりません。
もし住宅を購入したのだけれど、急な転勤などがあってその家がしばらく空き家となってしまうというようなケースだっとします。
空き家ということは主な居住用の住宅ではないわけですから、住宅ローン減税の対象からは外れてしまうということですね。
だったら誰かに賃貸で貸し出したら?と考える方もいらっしゃるかもしれません。
確かにそうすれば賃料を得ることはできますが、ローン契約者の主な居住用というわけではありませんから、
結局空き家の場合と同じで住宅ローン減税を受けることはできないのです。
こういったケースに該当する方はご注意ください。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

Tags: , , , ,
カテゴリー: 住宅ローン減税 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク