住宅ローン減税は何年間?

住宅ローンで借り入れをして憧れのマイホームを購入する予定という方も多いのではないでしょうか。
住宅ローンを契約すれば、住宅ローン減税という減税制度を利用することができます。
住宅ローン減税はローン残高の1%を所得税から控除することができるという減税制度となっています。
この住宅ローン減税は住宅ローンを利用して取得した住宅に入居した年から適用することができるのですが、
何年間適用できるのか、というのも気になるところですよね。
住宅ローン減税は1年だけでなく、入居した年から10年間控除することが可能となります。
しかし実際に何年間分控除されるかというのはローン残高次第になります。
10年間控除されるわけですが、その10年の間にローンを完済したという場合、
当然これはローン残高がゼロということになるわけですから、控除も無くなるということです。
一般的にはそんなに早く完済するということもないかと思いますが、まとまったお金が手に入って早期に完済できそうという場合、
何年間分かの控除の金額と、その間に支払うことになる利息を天秤にかけてみた方が良いかもしれませんね。
また、1%の控除はあくまでも限度額であり実際には異なる場合もあるので注意です。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

Tags: , , , ,
カテゴリー: 住宅ローン減税 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク