住宅ローン減税はセカンドハウスに適用できる?

住宅ローンを利用している方の金利負担軽減のための措置として住宅ローン減税というものがありますね。
住宅ローン減税の制度は2014年の消費税増税に合わせて拡大されるということもあって注目を集めています。
この機会に新たに住宅を取得しようと考えている方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
そしてその中にはセカンドハウスの取得を検討しているという方もいるかもしれませんね。
そこで気になるのはセカンドハウスの取得に際してもこの住宅ローン減税を適用することができのか?ということですね。
住宅ローン減税は住宅ローンの金額の1%が10年間控除されるということで、最大500万円にもなりますから、適用されるされないは非常に大きな差になります。
さて、そこでセカンドハウスにこの住宅ローン減税が適用されるのかどうかなのですが、
この減税が適用されるのは主に居住用とする住宅に限られています。
もし2つの住宅を取得するという場合はその片方にしか適用されないことになります。
すでに取得済みの住宅があり、新たに取得をしてそこを主たる居住用の住宅とするということであれば適用することは可能です。
ですが別荘のような形で取得するということであれば不可ということですね。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

Tags: , , , ,
カテゴリー: 住宅ローン減税 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク