住宅ローン減税の限度額30万円について

住宅ローンを利用して住宅の購入や建築、リフォームを行った場合、住宅ローン減税という所得税の控除を受けることができます。
もちろんこの住宅ローン減税を受けるにはいくつか条件があるわけですが、それをクリアすれば最大300万円の所得税控除になります。
ただし300万円の還付があるとは言っても一年でいきなり300万円控除されるというわけではありません。
住宅ローン減税は10年間に渡って控除される制度となっており、1年間で最大30万円、これが10年で300万円ということです。
また、30万円の控除を受けるためには長期優良住宅や低炭素住宅でなくてはいけません。
これに当てはまらない一般の住宅の場合だと1年で最大20万円、10年で200万円ということになります。
そしてこの30万円という数字はあくまでも平成25年のものです。
平成26年の四月からはこの制度が拡大されるので限度額についても引き上げられることになります。
平成25年までは一般の住宅の場合年間20万円までだったのが40万円で合計400万円に、
長期優良住宅や低炭素住宅の場合年間30万円までだったのが50万円で合計500万円に限度額が引き上げられるようになっています。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

Tags: , , , ,
カテゴリー: 住宅ローン減税 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク