住宅ローン減税の還付額は?

住宅ローンを利用して住宅の購入や建築、リフォームなどを行った場合、住宅ローン減税という減税を措置を受けることができます。
住宅ローン減税が適用されれば減税された分は還付として戻ってくるわけですね。
もちろんそのローンの金額などによって還付額というのは変わってくるわけですが、
実際のところその還付額がいくらになるのか、というのは非常に気になるところですよね。
住宅ローン減税の還付額とはどのようにして計算するのでしょうか?
まず住宅ローン減税の控除は利用している住宅ローンの年末時点での残高の1%の金額になります。
仮に住宅ローンの残高が2,000万円あったとすればその1%の20万円ということになります。
そしてこの計算で10年間控除されることになります。
そしてこれには上限金額が決まっており、控除を開始した年によって上限は異なります。
ただこれだけで正確な還付額はわかりません。
源泉徴収税額が控除の限度額以上であった場合にはそのままその限度額の金額が還付される金額となります。
しかし、源泉徴収税額よりも控除の限度額の方が上回っているという場合には、還付される金額は源泉徴収税額と同じ金額ということになりますので覚えておきましょう。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

Tags: , , , ,
カテゴリー: 住宅ローン減税 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク