住宅ローン減税の適用期間について

住宅ローン減税を利用するのであれば、その適用期間というものについてもよく知っておいた方が良いでしょうね。
住宅ローン減税の所得税控除の適用期間というのは基本的に居住を始めた年から10年間ということになっています。
なぜ適用期間を把握しておいた方が良いのか、ということですが、例えば次のようなケースが考えられます。
住宅ローンというのは当然金利が付いてくるので利息を払うことになりますが、
利息の負担を減らすために繰上げ返済を考える方もいらっしゃるかと思います。
繰上げ返済をすれば返済期間を短縮することができ、支払うことになる利息の総額を減らすこともできます。
しかし、繰上げ返済をするということはローンの残高を減らすということにもなります。
住宅ローン減税の控除額はローン残高の1%ということになっていますから、繰上げ返済をすれば控除額も少なくなる可能性があるわけです。
適用期間の10年間を待たずに繰上げ返済で完済してしまった場合は残りの年数があっても控除はゼロになるということです。
利息を早く減らした方が得になるのか、あるいは繰上げ返済はせずに控除を受けた方が得かは計算しなければいけません。
10年が経過して控除が無くなってから繰上げ返済するというのも良いでしょう。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

Tags: , , , ,
カテゴリー: 住宅ローン減税 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク