住宅ローン減税の申告を忘れた場合

住宅ローンを利用して住宅を購入すると、条件を満たしていれば住宅ローン減税の適用を受けることができます。
住宅ローン減税を利用すれば、ローン残高の1%を所得税から控除することができるということでh上に大きな減税となります。
しかし注意したいのはこの住宅ローン減税というのは自分で確定申告をしなければいけないという点です。
住宅ローンを利用して住宅を購入したからと言って勝手に適用されたり、どこかの業者が手続きをしてくれるというわけではありません。
もしうっかり確定申告を忘れた場合というのはどうなるでしょうか?
住宅ローン減税の申告は還付申告となりますので忘れた場合でも5年間はさかのぼって申告することが可能となります。
ただこの忘れた場合の5年間というのはサラリーマンの方の場合です。
個人事業主の方の場合は毎年確定申告を行いますので、1年間以内に申告をしなければいけません。
当然忘れてしまうと控除は受けられないということになります。
サラリーマンの方の場合も5年以内に申告しなければ請求する権利がなくなってしまいます。
サラリーマンの方なら初年度に申告すれば、後は年末調整の際に会社に書類を提出すれば確定申告の必要はなくなります。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

Tags: , , , ,
カテゴリー: 住宅ローン減税 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク