住宅ローン減税の手続きを忘れたら

住宅を購入した際に住宅ローンを借り入れしている方は多いかと思います。
そしてその中には住宅ローン減税を受けているという方も多いのではないでしょうか。
この住宅ローン減税はローン残高の1%を所得税から控除できるというものであり、結構な金額になりますから非常にありがたい制度ですよね。
しかし、この住宅ローン減税、住宅ローンを利用して住宅の購入をすれば勝手に適用されるというものではありません。
控除されるためには確定申告で還付請求をしなければいけません。
しかし中には居住を始めた翌年の確定申告での手続きを忘れたという方もいるかもしれません。
もし手続きをうっかり忘れた場合にはどうなってしまうのでしょうか?
これについてはサラリーマンの方の場合、請求権は5年間有効となっていますので、もしうっかり手続きを忘れたという場合でも、
5年以内に還付請求をすれば無事控除を受けることができるということになります。
逆に言えば5年以上が経過してしまうと請求権はなくなってしまうため一切控除は受けられなくなってしまうということですね。
また、サラリーマンではなく自営業者の方の場合だとこれは5年ではなく1年になりますので注意が必要です。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

Tags: , , , ,
カテゴリー: 住宅ローン減税 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク