住宅ローン減税の代行について

住宅ローンを利用して住宅の購入や新築、リフォームを行った場合、住宅ローン減税という制度を利用することができます。
この住宅ローン減税を申告すれば年末時点でのローン残高の1%を翌年の所得税から控除することができるというものです。
この住宅ローン減税は住宅ローンを利用して住宅を購入したからといって自動的に適用されたりするものではありません。
サラリーマンの方などの場合でも確定申告で申請をしなければいけません。
しかし、普段確定申告などしない方にとっては手続きが面倒だということもあるでしょう。
そういった場合には代行サービスに依頼するという方法もありますね。
こういった住宅ローン減税については税理士事務所や会計事務所などで確定申告の代行をやっているところがあります。
手続きが面倒、あるいはどうしていいのかわからないということであれば代行に依頼するのも良いでしょう。
しかし、当然こういった代行サービスは有料ですので、それなりに報酬を支払わなければいけません。
ですから、代行のための費用が惜しいということであれば自身で調べて確定申告をした方がお得でしょう。
サラリーマンの方の場合なら初年度に申告すれば後は年末調整で行われるので一度してしまえばそれで完了です。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

Tags: , , , ,
カテゴリー: 住宅ローン減税 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク