住宅ローン減税と投資型減税は併用可能?

平成26年から消費税が増税されることになったというのは多くの方がご存知のニュースかと思います。
増税になるということで負担が増えるのは厳しいところですが、その一方で減税が拡大されている部分というのもあります。
例えば住宅ローンの利用に際して所得税の控除を受けることができる住宅ローン減税などがそれにあたりますね。
住宅ローン減税は住宅ローンの利用にまつわる減税の制度なわけですが、住宅の購入に際しては他にも減税の制度が存在します。
例えば投資型減税というものがありますね。
投資型減税は耐震やバリアフリー、省エネなどのリフォーム工事費用の10%が所得税から控除されるというものです。
そこで気になるのは住宅ローン減税とこの投資型減税の条件を同時に満たす場合併用は可能なのか?ということですよね。
こういった減税制度の中には併用できないものもあるため知っておきたいですよね。
実はこの住宅ローン減税と投資型減税については併用可能となっているため、条件さえ満たしていればどちらの控除も受けることが可能となっています。
どちらか一方しか適用できないと勘違いせず、どちらも適用できますので両方の減税を受けて所得税を節税しましょう。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

Tags: , , , ,
カテゴリー: 住宅ローン減税 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク