住宅ローン減税と医療費控除は同時に申告した方が良い?

これから住宅ローンを利用してマイホームを購入するので、住宅ローン減税を利用して所得税の控除を受けようという方も多いかと思います。
平成26年には税制改正によってこの住宅ローン減税の限度額がアップするので、そのタイミングでと巻がている人もいらっしゃるでしょう。
しかしこの減税制度、他の制度と同時に利用することはできるのでしょうか。
こういった減税制度の中には同時に申請することはできずどちらか一方だけということもありますよね。
例えば医療費控除と住宅ローン減税は同時に申請できるのか?というのも気になるところではないでしょうか。
どちらも非常にありがたい減税の制度ですから、できれば併用したいですよね。
基本的に医療費控除と同時に申請することは可能ですが、節税の効果があるかどうかはケースバイケースとなっています。
住宅ローン減税は所得税のみからしか還付できない場合と、所得税と住民税の両方から還付できるケースとがあります。
これは居住開始年によって変わってくるのですが、所得税のみからしか還付されないという場合であれば、住民税の節税はできないということになります。
医療費控除は住民税からの控除が可能となるため、この場合申告した方が良いということになります。

京都の消費者金融、ケンファイナンスについて?294 views

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

Tags: , , , ,
カテゴリー: 住宅ローン減税 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク