住宅ローン減税でいくら戻ってくるのか?

住宅ローンを利用する方に適用される住宅ローン減税という制度がありますよね。
2014年からは消費税の増税に合わせてその内容が拡大されるということもあって、
住宅ローン減税があるうちに住宅ローンを組んで住宅の購入や新築を考えているという方もいらっしゃるかと思います。
そこで気になるのは住宅ローン減税が適用されることで、いったいいくら戻ってくるのか、ということですよね。
住宅ローン減税でいくら戻ってくるのかを計算するためにはまずその内容を知らなければいけませんね。
仕組みとしてはその年末時点での住宅ローンの残高の1%が所得税の額から控除されるというものです。
そしてこれは10年間続くということですから、10年分ということになりますね。
平成26年の場合だと一般の住宅なら最大400万円、長期優良住宅であれば最大500万円が還付されるということになっています。
ただ、いくら戻ってくるかは単純にこの数字だけを見てはわかりません。
というのもローンの借入額と年収によって実際還付される金額は変わってきます。
10年間の返済していくうちにローンの残高も減っていきますから、そうなると還付の金額も小さくなりますし、収入によっては所得税も変わってくるからですね。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

Tags: , , , ,
カテゴリー: 住宅ローン減税 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク