住宅ローン減税が有利な認定住宅とは

憧れのマイホームを手に入れるのに、その資金を現金で用意できるという方はなかなかいないでしょう。
多くの方はやはり住宅購入の際には住宅ローンを利用されると思います。
住宅ローンというと当然金利がついてくるわけですが、その金利負担を減らすために住宅ローン減税という制度が設けられています。
そしてこの住宅ローン減税ではその住宅の条件によって控除の限度額が変わってきます。
例えば平成26年からのケースで言えば、一般の住宅の場合だと10年間の控除の合計金額は400万円が限度となるのですが、
認定住宅の場合であれば限度額は500万円となっています。
つまりは認定住宅であるかそうでないかによって帰ってくる税金の金額も大きく変わってくるということです。
認定住宅というのは長期優良住宅や低炭素住宅のことを指します。
長期優良住宅というのは耐震性や耐久性に優れていること、維持管理が容易であること、省エネであること、居住環境などといった様々な条件を満たす住宅の事を言います。
また低炭素住宅というのは二酸化炭素の排出が少ない省エネ住宅のことですね。
国としてはこういった住宅の建築を奨励しているということですから、その分税金の負担も軽くなるということです。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

Tags: , , , ,
カテゴリー: 住宅ローン減税 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク