住宅ローン控除の住民税還付について

住宅ローンを利用して住宅を購入した場合、条件を満たしていれば住宅ローン減税を受けることができます。
減税というわけですから、いくらか税金がお得になるということですよね。
ですから住宅ローンを利用したらぜひ住宅ローン減税の申告をしたいわけですが、
気になるのはこの住宅ローン減税はいったいどこから減税されるのか、ということですね。
住宅ローン減税の控除は所得税からされることになっています。
ですので住宅ローンの残高によって所得税から一定額を限度として還付されるということになります。
しかし、もし所得税から控除しきれないという場合であれば、住民税から還付されるという仕組みが以前はありました。
所得税を満額控除してもまだ足りないということでその分を住民税からというわけですね。
現在では住宅ローン控除が所得税から控除しきれない場合は9万7500円を限度として住民税から控除されるという形になっています。
住民税から還付というわけではなくあくまでも控除であるということですので注意が必要です。
これについては住宅ローン控除を申告していれば自動的に処理が行われることになっているため、納税者が特別に手続きなどをする必要はありません。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

Tags: , , , ,
カテゴリー: 住宅ローン減税 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク